銀座 ヘアスタイル 白髪染めがうまい!!

GARDENTOKYO  別所です。

今日は白髪に関する内容を書きます

白髪染めを使うということに、ネガティブなイメージを持たれる方も多いですが、薬剤的にはあまり変わらないんですよ。

明るさを落ち着かせるために、白髪が全くない人に白髪染めを使って暗くしたり、 白髪を普通のカラーリングを使用して染めることもあります。

特に最近では、普通のカラーリングと昔ながらの白髪染めの間くらいの商品のことを、「白髪染め」と言っています。 「The白髪染め」みたいな薬液は、かなりたくさん白髪がある人にしか使用しません。白髪染めを使う=おばさんではないのです。

大切なのは白髪染めと、普通のカラーリングの違いをしっかり理解し、正しい施術をオーダーすることではなく、「白髪が出てきたから、私もそろそろ白髪染めの仲間入りかな……」と、勝手に決めつけて、白髪染めのオーダーをするのではないんですよね。

「白髪はあるけれども、本当はこうしたい」という様々な要望に、美容師がこたえてくれるということを、知ることだと思います。どんなふうになりたいのかを伝えてもらえれば、それが 白髪染めであろうが、普通のヘアカラーであろうが、ベストのカラー剤を選んでご提案します。
1)暗くなっても良いけど、白髪を絶対に隠したい。

2)あまり暗くはなりたくないけど、白髪を目立たなくしたい。

3)明るい髪以外考えられない。

この3つを最初に伝えると、そのあとがスムーズに進むと思います。ぜひ、参考にしてみてください

caretect_og_color_mainimg1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中