失敗しない ヘアーオーダーとは!!

GARDENTokyo  別所です!!

今日は良くある声をトピックしてみました。

こんなはずじゃなかったのに! 

こんなはずじゃなかったのに!!

多くの人が一度は経験する、 美容院でのカットやカラー・パーマでの失敗!!

例えば

「抽象すぎる注文はNG」

「かわいく」とか「軽く」など曖昧な表現の注文だと、イメージが掴めず苦慮する。

顧客のお客様だと日頃からの付き合いでなんとなくのイメージで

ある程度の共有は図れますが

新規のお客様でおまかせで」、「適当に切ってください

というオーダーは

自由にアレンジできて嬉しいと感じる美容師も一部いますが、多くの美容師が最も困るオーダー

の1つです。

注文する時の3つのポイント

写真・切り抜きを持参してくれるのが、1番分かりやすい。 出来れば横や後ろも写ってる写真がベスト。

実は細かな注文をするお客様のほうが美容師にとっては楽。 細かく注文することで、双方のイメージのずれを縮めることができる。

*お客様からすれば細かい客だなと勘違いしがちですが、むしろ言っていただいた方が

ありがたいです

しっかり相談

クセ、毛質などをあらかじめ相談しあうことで、カットもしやすくなる

忘れがちだけど大切なポイント
具体的なジャンルを伝える

「キュート」「クール」「エレガント」「セレブ」など、より具体的なジャンルを伝えることで、美容師はお客様の要望が掴みやすくなる。

*美容師はイメージを固めることが得意なので、キーワード的なヒントがあるだけでライフスタイルから創造してスタイル提案もできやすくなります

カラーの希望色は「状況」まで明確に伝える

ヘアカラーは、部屋の中と外では明るさが違って見えるので、 「部屋の中でこのくらいに見えるようにして下さい」、「外でこのくらいの明るさがイイです」のように伝えれば、より希望に近づけられる。

ファッションはありのままの状態で

身に付けてきた物すべてが美容師にとって、お客様の好みを知るための大切なツールとなる。 自然な普段着の服装をすれば、ライフスタイルに合うような髪型にすることが可能になります

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中