富岡桂子さん風40代におススメ ペタッとが気になる方はぜひ

GARDENTOKYO 別所です!!

前回に引き続き オーダーが多いスタイル

今回は 40代の女性にもっとも多く希望される

富岡桂子さん風スタイル

app-076566300s1368878207[1]

富岡さん風になるポイント:

1,アゴ下くらいの長さで設定し後ろ側から前下りの段を入れる

2,首周りを軽くして後頭部のカタチをキレイに

3,前髪は分け目をつけず「おろし流しバング」に

4,カラーはアッシュベージュにグラデーションカラーをプラスして

以上をおさえておけばバッチリ!

更に詳しく書きますと…。

1の長さは「アゴ下2cmくらい」の長さ。

水平ラインでカットします。

2の首周りは「後ろの真ん中から前下りの段を入れて」。

こうする事で耳後ろまで軽く仕上がります。

3の前髪ですが、「流し始めので内側を短くして下ろしやすく」。

イングラデーションのカットをすることで、丸みのある柔らかい前髪に

4のカラーは「8トーンくらいのアッシュベージュに、毛先に行くほど明るくなるグラデーションカラー」を加えて。

根元は白髪ぞめでも毛先は暗くしたくないひとにはおすすめです。

繰り返しになりますが、30代後半~50代のお客さま共通のお悩みとして「髪が柔らかくペタッとしやすい」と言うモノがあります。

このような髪質にすきバサミを多用すると、髪自体の本数が減ってボリュームが出づらくなり、パサついて見える原因になります。

読者の皆さまは、美容師サンによっては「軽くして下さい」と言うと、すきバサミで減らす事だと思ってしまう方もいるかも知れないので、「段を入れて軽くして下さい」とオーダーしましょう。

ですので、ベースのカットでしっかりフォルムを作りこんでおく事が必須。

ボブ系のスタイルは耳後ろに重さが溜まりやすいので、耳掛けする事も考慮してレイヤーでしぼっておきます。

読者の皆さんは「耳かけアレンジがしやすいように耳後ろを軽くして下さい」とオーダーを。

そして耳にかけた際に顔周りに残る髪の長さも大事なポイントです!

「目の脇に長さを残して」カットしてもらって下さい。

そしてそして、上には書かなかったのですが、富岡サンはアレンジがしやすいようにパーマもかけていらっしゃるようです。

パーマは「大きめのロッドで前髪の上から後頭部まで毛先巻き」にし、優しめのパーマ液でかけます。

「トップからバックにかけてボリュームを出して、毛先に動きを出したい」とオーダーして下さいネ。

清楚で上品ながら、アレンジによってはスポーティ系のファッションにも合わせられるコチラの「富岡佳子サン風レイヤー・ボブ」、春のイメージチェンジに是非!

ご参考になさって下さい☆

ご予約はこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中