ショートヘアにパーマをかけるには?

パーマはウェーブを出すだけだと考えていませんか?

 

パーマで最初に思い出すのが、ウェーブやカールをつけるデザインとしてのパーマ。

でも、パーマで出来るのはそれだけではありません。

ボリュームをコントロールするパーマから、動きを出すパーマまで幅広く対応ができます。

例えばペタンとしないように根元に立ち上がりをつけたり、髪のボリュームをおさえつつ小顔に見せるように、ピンパーマやロットで巻いたりもできます。

部分的に色々な大きさのカールやウェーブをつければ、動きをより出しやすくすることもでき、ショートとパーマはとても相性がよいといえるでしょう。

パーマ初心者さんには、ポイントパーマがおすすめ

長く続いたカラーブームで、パーマが初心者さんが多いとか。

おばさんパーマになるのが心配だという声も聞きます。

そういう人には、必要なところだけ、を重視したポイントパーマがおすすめ。

パーマパーマした印象が弱くなり、ダメージがおさえられるのも嬉しいところ。

ショートなら、レイヤーが入っているため、毛先だけにパーマをかけても動きが出やすくなります。

前髪のパーマも嫌がる人が多いですが、スタイリングをしやすくするために、ナチュラルなパーマをかけると、なじみやすく、スタイリングも楽になりますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中