紫外線対策はバッチリですか!?オススメなヘアケア

お肌の紫外線対策はバッチリ!という方は多いですが、直射日光が直撃する“髪への紫外線対策”は大丈夫ですか?

実は「髪は顔の3倍も紫外線を浴びている」という衝撃的なデータがあります。

“髪は女の命”ですし、ダメージをコンシーラーやファンデーションで隠すわけにもいきません。今回は紫外線が髪に与える影響と、今すぐにすべき「髪の紫外線対策」を3つご紹介します。

 

■紫外線による髪ダメージ2つ

実際に対策をとっている人はまだまだ少ないようです。

では紫外線による髪ダメージはどんなものがあるかご紹介します。

(1)乾燥によるパサパサのダメージヘア

紫外線は髪の深部にまでダメージを与え、キューティクルがめくれ上がり、ちょっとした摩擦で剥がれやすくなります。

キューティクルが剥がれると、タンパク質や潤いを保つアミノ酸が流失し、髪の水分保持機能が弱まってしまいます。その結果髪が乾燥し、全体的にパサパサしたダメージヘアになってしまいます。

(2)ツヤがなくなる

ツヤの鍵ともいわれる、キューティクル。紫外線によって傷んだキューティクルは光が乱反射してしまい、ツヤがみられなくなってしまいます。

パサパサでツヤがない髪なんて、女子としての魅力も半減。髪は表面積も大きいので、痛んだ髪は老けた印象も感じさせてしまいます。

 

■髪の紫外線対策3つ

髪の紫外線対策は、紫外線を浴びる前から後までのケアが大事。

方法として「ダメージケアの効果の高い製品に切り替える」「洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントのダブル使いでしっかりと有用成分を髪に浸透させる」「髪の表面をコーティングすることで浮き上がりぎみのキューティクルを整えて、内部成分の流出を防ぐ」などが有効とのことです。

 

なかでもオススメなのがこちら

http://www.finecrew.jp/napla/napla-mieufa.html

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中