髪の毛が乾燥する原因

 今の時期髪の毛が乾燥しすぎて大変では!?

乾燥する原因と対策を教えます!!

■ 空気の乾燥

冬は、外の冷たい風はモチロン、部屋の中のエアコンにも注意が必要です。 エアコンの風に直接あたっていると、静電気が起きやすくなったり、 髪の表面がゴワついたりパサついたり。。

そんな経験ないですか?

実は、髪の水分が失われると、表面のキューティクルがカラカラに。 剥がれやすくなってしまい、髪のダメージが表面化し、枝毛や切れ毛の原因にも。 さらに、外側のキューティクルがドンドンと剥がれてしまうと、 傷ついた部分から、髪の内部の水分までも出てちゃって、ダメージが進んでしまいます。

髪の毛がパサいてると思ったときは、ムリに引っ張ったりしないで、 優しくほぐすようにブラッシングするようにしましょう。

 

■ ドライヤーのかけすぎ

冬は髪の毛をしっかりと乾かさないと、風邪を引いてしまいそう。 と思って、完全に乾かしたりしていませんか?

髪の毛にとって一番のダメージが、『乾燥状態』をつくること。 しかも水分が蒸発するときって、余分な水分だけが蒸発しないで、 髪の毛に必要な水分も一緒に蒸発させてしまうのです! 髪の毛にとって必要な水分を残すためにも、 余分な水分はタオルドライでしっかりと押さえることが大事です。

そしてドライヤーをかけるときは、毛先を乾かすのではなく、 地肌を乾かすように内側から乾かしていきましょう。 髪の毛を乾かす目安は、美容院でスタイリングしてもらってるような、 ほんのちょっぴり湿った具合にキープするのがポイントです。

 

■ 摩擦

タオルドライの時に、タオルをゴシゴシするのは絶対にNG!
キューティクルが開いている洗髪後は、一番ダメージを受けやすい状態にあります。

髪の毛もお肌と一緒で、ゴシゴシと摩擦や強い刺激を与えると、
表面のキューティクルが傷み毛髪の内部の水分が失われやすい原因
に。

タオルで髪の毛を押すような感じで、しっかりと水分を拭き取りましょう。

 

■ 静電気

乾燥したところでブラッシングすると、摩擦で静電気が起こりやすくなります。 パチパチとイヤな音を鳴らす静電気って、実は電流が走ってるんですよ。

なんでも、『2万ボルト』の電気が流れているとも!?

髪と地肌をいたわり、静電気をなるべく起こさないためにも、 プラスティック製のクシやブラシを使うのは控えたほうがベター。 木製のブラシにかえるだけでも静電気は起こりづらく、 髪への負担とダメージも軽くなりますよっ。

 

■ まとめ

  • エアコンに直接あたらない
  • ドライヤーのかけすぎには注意
  • プラスティック製のクシはNG
  • ゴシゴシ、髪の毛をこすらないこと
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中