30代女子がヘアサロンで渡されたい雑誌/渡されたくない雑誌

この間たまたま、ディラーさん・メーカーさんとの会食時、美容室あるあるという題目でしゃべっていたら

雑誌についての話で大いに盛り上がったのでその話を紹介します。

ヘアサロンに行くと、時間つぶし用に必ず美容師から渡されるファッション誌、美容誌。実は、渡すほうにも渡されるほうにも、さまざまな思惑がありますよね。

まずは、雑誌を渡される客側の思いをアンケートの一部を紹介します。

「渡されるとうれしいのは、『FUDGE』とか『GINZA』みたいなカルチャー度の高い雑誌。腹が立つというか、ガーン!となるのは『With』ですね。私、『With』っぽいちょいダサのファッションだと思われてるんだな……って、悲しくなります」(31歳・宣伝)

「『美STORY』とか渡されると、アラフォー扱いかよ!ってちょっと腹が立ちますね。いや、まあそろそろアラフォーなんですけど。せめて『SPUR』くらいにしておいてほしいなあ……」(37歳・通信)

「『mina』を渡されたとき、そんなに子供じゃねーよ!て思いました。子供っぽい格好してるって思われてるのかなあと勘繰っちゃう。美的とか、美容誌なら好みのファッションは関係なく楽しめるから、美容誌のほうがうれしいです」(28歳・事務)

「とにかくショックなのは、女性週刊誌!! 『週刊女性』とか『女性セブン』とか持ってこられると、ゴシップ好きのオバサンて思われてるんだな……って。まあ、好きなんですけどね。結局熟読しちゃうし、笑」(35歳・飲食)

「独身のときはおしゃれなファッション誌しか置いてないようなヘアサロンに行ってたんだけど、結婚して子供が出来てからは、時間もないし、高いヘアサロンに行く余裕もないから、近所の美容院に行くようになったんです。置いてあるのは女性週刊誌ばっかり。そういう美容院に行くようになった自分にちょっとせつなくなりますね」(34歳・主婦)

渡されてうれしい雑誌/腹の立つ雑誌は、イコール「こう見られたい、理想の自分」と「周りから見た自分/実際の自分」の落差を表していると言ったら、言い過ぎだろうか?

続いては、雑誌を渡す、美容師側の教育を覗いてみましょう!!

カルテを見て、年齢を確認してその年齢層がターゲットになっている雑誌を渡すというのがスタンダード。意外とどのサロンも結構教育を徹底していて、アシスタントの子が間違えて10代のコに『STORY』を渡したりするとそれはもう怒られますよね

決め打ちで持っていく事が通常で、お客様の趣味に合わないこともあるので、予防策として何種類か持っていくようにしているという回答が大多数。

本質を探るべく先輩アシスタントにコツは何かと聞くと

お客様の見た目の印象よりちょっとだけオシャレな雑誌、ちょっとだけ若めの雑誌なんかを混ぜておくのがコツという先輩の回答

そもそも先輩アシスタントの教育の時点で、本質がズレている

やっぱり本質とはズレてますよね

30代後半~40代のオッサントークから本質を見抜く

結局美容師の教育の醍醐味として、お客様目線で考えなさい・動きなさい

そもそもお客様目線の定義って

美容師が良かれと思っているだけではないのか??

雑誌のケースで考えると、お客様に「読みたい雑誌ありますか??」って聞くことは失礼なこと??

メニュー表みたいに雑誌一覧表があれば、お客さんだって読みたい雑誌を選ぶこともできる

ましてやタブレットにしてしまえば、自分のペースでいろんな雑誌を見ることができる

美容師という職人気質な頭のお客様目線・視点というものが本当にそうなのか??

一度見直すいい飲みトークでした。

雑誌を読む女性.jpg

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中