梅雨時期の髪の湿気対策をご存知ですか??

春が過ぎると気になってくることとして、湿気の存在があります。特に梅雨の時期は、雨が続き湿気のせいで、ヘアスタイルが決まらないという人が多くいらっしゃいます。髪が広がるうねるなどのトラブルは湿気とセットです。

湿気対策のヘアケアということについてまとめてみました。

8a0254f01c626daac44d763b6e3d55f9_t

湿気と髪の関係

湿気が高くなると、髪質によっては変化が生じます。たとえば、もともとくせ毛の人は、髪が広がる、うねるなどの悩みを抱えるようになります、普段よりもくせがひどく出てしまうのです。

髪の毛と湿気にはどのような関係があると思います?
髪の毛には、通常約11~16%の水分があるといわれています。湿気が高いと髪へ水分が吸い込まれて髪の毛が膨張してまっすぐな状態を保てないのです。特にダメージを受けているとタンパク質が不足し、髪の内部がいびつになってしまいます。結果としてよりくせが出やすいのです。

広がり・うねりを抑えるヘアケア術

湿気による髪の毛の広がりやうねりを抑えるためのポイントはドライです。
基本は髪を洗ってからすぐに髪の毛を乾かすようにしましょう。             髪全体にオイルをつけなじませます。
根元から広がりをつぶすようなイメージで、風を当てて生きます。上から風を当てるとキューティクルがしまって、癖がつきにくいです。

そして、7~8割乾いたところで、ブローを始めます。仕上げは冷風でしっかりと水分を飛ばすことです。

朝にブローした形をキープしたいのであれば、スプレーを全体にふりましょう。これによって髪の毛がコーティングされます。湿気が髪の毛に入り込むのを防ぎます。

髪が傷いでいると、髪の毛の断面の傷から水分が入りやすくなります。つまり髪の毛が痛んでいる人ほどこそ、湿気にまつわるトラブルに見舞われる率が高いのです。
よって湿気の高い時期にはなおさら、ダメージケアを欠かさないようにしましょう。
いつもよりも多めのトリートメントを使用するなどの工夫をして、ダメージを減らすようにしましょう。洗い流さないトリートメントは必須アイテムといえます。

広がり・うねりを抑えるヘアケア術

湿気によるトラブルはいつでも襲ってきます。外出時には特に湿気による髪の毛のトラブルを抑えたいものです。
外出先でもできるヘアケアについてご紹介したいと思います。これで梅雨の季節を乗り切りましょう!

 

ヘアオイル

髪の毛にコーティングを作るために、ヘアオイルを使うことができます。うっすらとつけるだけで、髪の毛を水分からブロックしてくれます。つけすぎはべとつきの原因になりますので、気をつけましょう。

シアバター(バーム系)

シアバターが髪の毛をコーティングしてくれます。水分から守ってくれます。役割としては、オイルと一緒です。水でうねりを抑えようとしても逆効果です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中