髪を短くすると子供っぽくなったり、少年っぽくなりそう!

そんなことはありません。

 

イメージコントロールは自由自在!

 

サルみたいになった、男の子に間違えられたなど、ショートの失敗談は数知れず。

でもショートは、前髪やサイドのラインやフォルム、パーマ・カラーを工夫すればガラッと印象が変わります。

女性らしさや大人っぽさを出したいなら、顔まわりを長めに残して、フォルムに丸みを出して。

毛束感やツヤ感を出す、パーマでエレガントなカールをつけるなどもよいでしょう。

 

可愛らしく仕上げたいなら、前髪はこめかみぐらいまでを短めに、その下を長く見せると可愛さが強調されます。

眉を出すともっと可愛い感じに。ギザギザ前髪は若く、幼く見えます。

おかっぱチックになるのがイヤなら、顔まわりとえり足を長めのショートにしてみては。

カッコよく仕上げたいなら、ベリーショートもおすすめ。

ピンパーマで、毛先をツンツンしないように女性らしいやわらかさをプラスすることも。

 

また、スタイリング剤を工夫するのもイメージコントロールに効果的。

女性らしく仕上げたいならツヤ感や毛束感の出るやわらかめのワックスを使うなどするのもいいでしょう。

幅広く似合わせることができるので、苦手意識をもたず、自分のなりたいイメージをカウンセリング時につたえ、自分だけの髪型を探しましょう。

 

予約はこちら

<a href=”https://cs.appnt.me/shops/171/reserve&#8221; target=”top”>

広告

昔失敗したので、ショートにするのが怖い!と思っているあなた

思い込みを捨ててみよう!

 

ショートの失敗体験のある人は、自分の中での「決まりごと」を作ってしまっている場合がほとんど。

「自分にはこれしか似合わない」と思い込んでいても、実際には間違っていることも。

ショートに限らず、ロングやミディアム、カラーやパーマでも同じですが、挑戦する勇気をもって、

一度自分で決めた枠の中から出てみるのも、似合うヘアスタイルを見つけるためには大切です。

「ショートのバリエーションは無数です。失敗した経験がある人も、切るからには責任をもってやるので任せて欲しい」というのが

美容師の本音です

 

一人一人の美しさを際立たせる

誰しも少なからずコンプレックスを持っていて、自分とは正反対の顔や髪質に憧れることが多いもの。

でも誰にも真似できない個性だから、無理にゆがめず活かしてみましょう。

ショートのスタイル作りも同じ。

例えば瞳が美しい人は、目が際立つようにカットするなど、その人の良いところを引き出すようにカットします。

失敗体験の不安を解消するのは、美容師さんとの信頼関係が大切なんです。

 

予約はこちら

<a href=”https://cs.appnt.me/shops/171/reserve&#8221; target=”top”>

ショートが似合うかどうか不安で、切る勇気がでない!

ショートは誰にでも似合う!

顔の骨格や髪質は人それぞれ。

 

一人一人の顔や髪質に合わせてヘアスタイルを作るので、ショートが似合わない人は、本当はいません。

ただ、いきなりばっさり切ってしまうと、違和感があってどうしても不安になる場合があるので、

 

最初は顔まわりの髪を少し長めに残し、ボブっぽく切ってもらうといいでしょう。

 

前から見た時の顔の印象がいきなり変わらないので、チャレンジしやすくなります。

また、不安のある場合は、切る前に雑誌やカタログでイメージを伝えて、美容師さんとイメージを共有してから切ってもらいましょう。

 

不安が消えたらショートらしく

 

ショートと言っても、フォルムや色で色んなスタイルのバリエーションがあります。

最初に顔まわりを長くして安心したなら、次は顔まわりもばっさり切って、

「ショートらしいショート」にチャレンジしてみましょう。

 

パーマやカラーでイメチェンするのもおすすめです。

ショートの場合は、パーマのウェーブの動きが出しやすく、カラーも明るめでも派手になり過ぎないので、

ロングやミディアムとは違った楽しみ方が可能です。

 

予約はこちら

<a href=”https://cs.appnt.me/shops/171/reserve&#8221; target=”top”><img src=”http://cs.appnt.me/img/blog_parts_01.gif”></a&gt;

 

レセプション 折原里美 

今回は GARDENTokyo に所属し レセプションの鏡的存在 の 折原里美 を紹介いたします

レセプション は 美容師としての採用ではなく レセプション単体 で行っており

入社する前の職歴は、もちろん美容師もいればアパレル・事務職などなど様々です。

入社 4年目の彼女は どんなに忙しくても 絶え間ない笑顔でお客様・スタッフ対応してくれ

そんな仕事模様にいつも驚かされます!!

彼女の  仕事力  を公開しますので是非ご覧ください

私が、レセプションとしてお客様に喜んで頂けるよう心掛けている事は、

お客様目線になるとゆうことです。

接客業において、当たり前のことですが、とても大切で、難しいことだと思います。

 

レセプションは、お客様に技術を提供することはできませんが、

その分担当のスタイリストには言いづらい要望やご指摘などを

レセプションのお姉さんには言えるかなと思ってもらえるような存在でありたいと思います。

そのために、どんなときもお客様の気持ちになり、お客様の変化に気付けるよう心掛けています。

お客様を一番最初にお迎えする立場として、

常に笑顔を心掛け、

立居振る舞い、

身だしなみ、

話し方

などに気をつけ、よりよいお店にしていけるよう

スタイリストとはまた違う視点からお客様をおもてなししています。